Jr.Athlete豊橋 最新号

2019年 09月 13日 11時03分

今回は田原市合併号です♪

今回のあいゆう治療院ページは田原市立神戸小学校の学校保健委員会の様子です。

姿勢の合言葉も決まりなんと!

新学期から31人の子がマジックテープ式の上靴に変わってくれたそうです😍

全体の1割。

強制ではなく自主的に変えてくれてこの人数は予想以上です。

神戸小学校が変わろうとしています😊

あいゆう治療院にもありますので是非見てください。





インナーマッスルの鍛え方

2019年 09月 10日 14時18分
皆さん人間の身体にはアウターマッスルとインナーマッスルがあるのをご存知ですか?

同じ筋肉なんですが役割が違います。

簡単に説明すると
アウターマッスルは体をダイナミックに動かす筋肉。
インナーマッスルは身体が動いた時に関節がずれないように安定させる筋肉。

よくあるのが
「運動の為にジムに通ったら体が痛くなった」
「腹筋を割りたくて上半身を起こす腹筋をガンガンやったら腰痛になった」
「ベンチプレスをやったら肩を痛めた」
健康になりたくて運動したのに不健康になった😭

何故でしょう?

答えはインナーマッスルがないもしくは働いてないからです。

例えば
巨大なロボット🤖のネジが半分緩んでたらどうなるでしょうか?
動くたびに周りのボディに負担がかかり動きも悪くなり最後は壊れてしまいます。

インナーマッスルはロボットのネジの役割とイメージしてください。
ネジはしっかり締めた方いいですよね😊

では具体的にどうしたらいいのか?
インナーマッスルトレーニングで最重要なのは
・意識ができてるか
・持続力
この2つです。

ではよく見るインナーマッスルトレーニングの王道
「プランク」



あいゆう治療院に来るジュニアアスリートでインナーマッスルトレーニングをやってる子はほとんどプランクをやっています。
実際にやってもらい「どこを意識してる?」と聞くと90%の子が「ん〜わからない」もしくは「ん〜このへん?」と曖昧な答えをします。

先程も書きましたがインナーマッスルトレーニングの最重要ポイントの1つに「意識ができてるか」があります。

形だけ真似をしてどこを意識したらいいのかがまったくできてません。
せっかくのトレーニング効果が半減します。
もっと凄い子はプランク中に
「どこ意識してる?」と聞くと「う、腕がキツイです😫」と…

ではインナーマッスルとは具体的にどこ?と聞かれますが特に大事な場所は
・肩(ローテーターカフ)
・腰お腹周り(多裂筋、腹横筋など)
・股関節(外旋六筋など)
この3つです。

肩のインナーマッスルがないと野球肩などの肩を使うスポーツで故障のリスクが高まります。
腰のインナーマッスルがないと椅子から立ち上がり時や動き始めに痛みが出ます。
股関節のインナーマッスルがないとあぐらがかけなくなったり股関節のひっかかりがでてきたりします。

そしてこれらのインナーマッスルがなくなるもしくは使えなくなる原因に姿勢の悪さがあります。
姿勢と言うと皆さん思い浮かぶのが
背筋ピーン‼️ではないでしょうか?
実は背筋ピーンなんてしてはダメなんです。
背筋ピーンとして5分も座ってられますか?
私は無理です。
ではどうしたらいいのか?

そのポイントは講演やあいゆう治療院でお伝えしています。

一度ご連絡ください。
あいゆう治療院HP

FINS豊橋南ミニバスケットボールチームへの講演

2019年 09月 10日 13時05分
7月14日に1回目の講演
題目は「怪我をしないカラダの使い方〜足ver.〜」

ここでチーム全員の足裏をフットルックで測定し、足指の握力を計測しました。
足がしっかり使えれようになる条件が
・足指
・姿勢

です。


1ヶ月後にこの測定が上がるように
・足指のトレーニングは1m×2本。
・コーチ命名「地獄マット歩き」
・クロックスを含むユルイ履物は履かない。
これらをやってもらうようにお伝えしました。
どれくらいやってくれるのかなぁと思い強制はしませんでした。
FINSは週に4回練習があるので練習のある時は練習の前後に2回ずつやってくれていたそうです。

コーチも毎日クロックスを履いていましたが当日までに1回しか履かなかったそうです。
素晴らしい✨再測定ももちろんGood👍



さて再測定は約1ヶ月後の8月25日。

どれくらい変化してるかなぁと楽しみにしていましたが…

結果は…


凄く変化してる子と、まったく変化してない子に分かれました…

↑この子は小指がかなりねじれていましたが1ヶ月で改善してます!
 

変化しない子はなんでだろう🤔

そこで
変化があった子(Aちゃん、Bちゃん、Cちゃん)
変化なかった子(Xちゃん、Yちゃん、Zちゃん)
に聞き取り調査。

質問は2つ
Q.クロックスなどのユルイ履物は履きましたか?
Aちゃん「元々履いてない」
Bちゃん「1回だけ履いた」
Cちゃん「1回だけ履いた」

Xちゃん「変わらず履いてる」
Yちゃん「変わらず履いてる」
Zちゃん「履くのをやめた」

Q.練習日以外に指歩きをしましたか?
Aちゃん「やった」
Bちゃん「やった」
Cちゃん「やった」

Xちゃん「あまりやらなかった」
Yちゃん「あまりやらなかった」
Zちゃん「あまりやらなかった」

見事に分かれました。

あいゆう治療院に怪我をして来院する子に対しても同じように足の指の使い方や姿勢の指導をします。
その子達は怪我をしてるのでなんとか早く治したいと必死に教わったセルフケアをします。
その結果ほとんどの子が足裏測定、足指の握力は改善します。

ただ、Zちゃんはクロックスをやめたのに改善しませんでした。
ここにも理由があるでしょう。

1つに指歩きを毎日しなかった。
もう1つに今回のテーマでもある「姿勢」が原因と考えます。

「怪我をしないカラダの使い方〜姿勢ver.〜」
今回FINSで再測定後にお伝えした講座はこれ。



姿勢が何故関係するの?と言うと
姿勢が崩れる(骨盤が後傾)→インナーマッスルが弱るからです。
インナーマッスルの重要性はこちらをクリック

しかしインナーマッスルを鍛える前にインナーマッスルを弱らせないことが大事になります。

ここで実演。
反復横跳びをやってもらいました。
皆さんも子供の頃に体力測定でやりましたよね?
実は反復横跳びはインナーマッスルが弱らないように骨盤をいいポジションに持って行くだけで回数が増すんです!

24人中20人が反復横跳びの回数が増えました!
最高で7回も増えた子がいます😁
子供の潜在能力は凄い‼️

あいゆう治療院でお伝えする足の指の使い方や本当に良い姿勢を知っているだけで100点になるかと言えばNoです。

ただ、どれだけ凄いテクニックを教えてもらっても
浮き指があったり悪い姿勢であったら100点になりません。

料理で言ったら「ダシ」みたいなものです。
ダシが入ってない味噌汁の見た目は味噌汁ですが美味しくない。
美味しいダシの作り方をこれからも広めて行こうと思います😁

おっとそう言えば
前回まったく足指が動かなかったAちゃん‼️
どうなったかと言うと?
是非動画をご覧ください。




激変‼️凄い‼️

しかーーし‼️

Aちゃんの再測定の結果浮き指が…改善してない😭


何故⁉️

原因は姿勢にありました。
インナーマッスルが使えるようになるポジションに骨盤が持っていけない…しかも私が今まで見たジュニアスリートの中でトップクラスに骨盤が動かない😭
でもAちゃん大丈夫👌
足指がまったく動かなかったのにめちゃくちゃ動くようになったので骨盤も絶対に動くようになります。
毎日練習してみてね!
できない子は落ち込まなくても大丈夫。
もっともっと上手くなる伸び代が他の子よりもあると言うことです😁

保護者の方に2回の講演のアンケートを頂きました!

自主的に‼️
ここれができる子供が1番伸びます。やらされるのではなく自主的に。その為にわかりやすくを重要視して講演しています。


保護者の方の腰痛まで楽になっちゃいました😅
この体操は腰痛には必須になりますので是非継続してください。


神戸小学校(足裏測定結果の様子)FINS(第1回講演の様子)で40人ほど色んな角度から測定させてもらいました。

私の感想は
【セルフケアをやってくれた子は成果が出る】

あいゆう治療院で伝えてた事は間違いなかったなと実感しました。
ただ、やらなかった子は結果が出ないからダメだよーではなくやらなかった子でもできるもっと簡単でやりたくなるようなセルフケアを開発していきます。

ジュニアアスリートの怪我を早く改善させるのはもちろん、怪我なくプレーできるようにこれからも研究していきます😄



近年1番悩んだスポーツ外傷

2019年 08月 19日 22時52分

瑠璃ちゃんとの出会いはちょうど2年前の8月。
陸上の東海大会前に肉離れ。なかなか治らず当院へ来院。
肉離れは劇的に改善するので余裕をもって施術をすると…まったく改善しない😱
全国標準記録はあったので東海大会は棄権して全国大会へ。
しかし全国大会も間に合いませんでした😭
「何が何でも間に合わす」とかHPに書いておきながら間に合わなかった…情けない…

ただ、症状は最初は走ればずっと痛かったのが「アップの時は痛いが温まってくると痛くなくなってくる」に変わってきました。
これもう肉離れじゃない⁉️
体が温まってくると良くなる⁉️

💡✨

「骨盤立たせて走ってみて」
「痛くないです‼️」

キタコレ‼️

そんな瑠璃ちゃんは現在中学3年生。
実は瑠璃ちゃん、小学校6年生の時に幅跳び日本一🇯🇵になっています。
中学1年時は怪我がなかなか治らず、治っても記録がまったく伸びない。
全国大会には出れても予選落ち。
2年生になってもイマイチ。

しかし2年の後半からグングン体が大きくなっていきました!

筋肉がかなりついてきて、お尻から太ももの角度が素晴らしい‼️
この角度が出てくると記録がめちゃくちゃ伸びます。

小学校の時は朝ごはんは菓子パン。お菓子もたくさん食べていたそうですが、あいゆう治療院に来てからは家族の誕生日ケーキも買わず、お菓子も食べずJCなのにタピオカは「美味しくないから食べません‼️」
かっこいい😍
ここまでストイックにできる子はなかなかいません。

以前患者さんでもある中学の全国的な柔道の指導者とお話をした時
「食事まで指導する子はどんな子ですか?」
と聞いたところ
「全国が見えている子。その子達はどうしたら強くなれるのか。どうしたら少しでもライバルに差がつけれるかを考えるから技術面だけでなく食事面も意識する」
あいゆう治療院は全国レベルじゃなくても食事指導をバンバンしますからね😉

話を瑠璃ちゃんにもどします。
瑠璃ちゃん今月行われた東海大会で見事優勝。
この数ヶ月でグングン記録が伸びてます。
今凄く楽しい‼️と

小学6年生で日本一。
そこから怪我で苦しんでそのままフェードアウトする子はたくさんいます。
しかし瑠璃ちゃんは見事に再浮上してきました!
トップまであと18cm‼️

表彰台に乗ったら🥇🥈🥉報告に来てくれるそうなので楽しみに待ってます。
表彰台に乗らなくても来てね😆

東海大会前日に軽めの肉離れをしましたが大丈夫👌
最近エコーを使いどの層で肉離れを起こしてるのかを見た後に施術します。
脂肪層での異常は浅めに施術します。
その方が断然回復が早い。
瑠璃ちゃんの弱点はわかってますので大丈夫👌
瑠璃ちゃんの施術動画はこちら
8月21日から行われる全国大会。
幅跳びとリレーに参加。
両方共表彰台目指して頑張ってね👍

【なのはなルーム講演会】

2019年 07月 26日 23時55分

今年で4回目になる田原市伊良湖岬保育園内のなのはなルームでの講演会。

毎年冬場にやっていましたが、冬はインフルエンザなどが多く人数が集まりにくいし夏の履物について聞きたいと要望がありましたので今年2回目の講演会。
なのはなルームには保育園に入る前の0〜2歳児くらいまでの子達が来ますのでどんどん入れ替わり新しい親子が来ます。
小さいお子さん達もいますのでなるべく短くお話ししました。
・浮き指の実態
・浮き指の原因
・浮き指の対処法
・靴だけで改善した浮き指の話
・足裏のセンサーの話
・先月参加したハワイ大学人体解剖実習での足の話

などなど

ちょうど歩き始めのお子さんを持つお母さんに是非聞いてほしい話満載でした!

その後は足裏測定🦶

立たないお子さんは測定できませんが18組20人のお子さんの足裏を測定しました。

「お!めちゃくちゃイイ足‼️」と声が出てしまう程の測定結果の子がかなりの数いました。


聞けば上の子の時に私の講演を聞いてしっかり靴や履き方にはこだわっていたそうです。
嬉しいなぁ😆
少しずつ浸透してきてます。

ただ、しっかり靴や履き方にはこだわっているのに測定結果が悪い子がいました。
実はそのような子は足指をギュッとにぎってもらうと全部の指が曲がらない子が多いのです。
脳と足指の感覚が繋がってないだけなので体操をお伝えしました。
今回測定結果が悪かったお子さんのお母さん大丈夫ですよー
講演中にもお話ししましたが、子供にはミラクルが起きます😊
ミラクルを起こすためにもお母さんやお父さんが大事になってきます。

【すぐ】やってみてくださいね😉

最後になのはなルームのA先生の測定。
A先生は実は一昨年講演を聞いてあいゆう治療院の患者さんになってました。
みっちり足から姿勢はお伝えしてありましたので足裏測定もバッチリです👍

さすが!
ルーム内でも足裏の大切さを広めていってください!
最後に先生から来年度の講演の要請がありました。
来年度はまた更にパワーアップしてお届けします😊


あいゆう治療院HP

【腫れがなかなか引かない理由】

2019年 07月 24日 15時51分
こんにちは、スタッフ杉山です。



今日は膝や腰が腫れてしまったとき、その腫れがなかなか引かない人の、その理由をお伝えします!



膝や腰が腫れてなかなか引かない!こんなことありませんか?



当院でもたまにみえます😓



なぜなかなか引かないのでしょう?



まずなぜ腫れるかを考えてみましょう🤔



腫れというのは「炎症」の反応の1つで、痛みや赤くなるのもその1つです。



この「炎症」は壊れた組織を修復するときに血液を集めているときにおこります。



炎症があるということは組織が壊れ、それを治そうとしているということです。



運動や日常生活で使った筋肉は日々細胞が壊れます⚡️



関節に負担がかかっていれば、関節の軟部組織も壊れます。



それらを日々修復して作り直しています。



その過程で大なり小なり炎症はおこるのです。



組織が修復して直れば、炎症も引いていきます。



しかし、なかなか組織が修復できないと炎症は続くことになります😢



このときのパターンは大きく2種類あります。



・壊れる量が多いので回復が追いつかない

・回復量が少なくて修復が遅い



運動を激しくしている学生などは上のパターンもありますが、ほとんどの方は下のパターンになります😓



回復量が少ない→組織が修復しない→炎症引かない



この流れです。



ではなぜ回復量が少ないのか?



回復の材料は、休養栄養です。



まず、休む、寝るというのが大事になります。



運動を休めなかったり、仕事が忙しくて睡眠時間が少ないという方は回復も少なくなってしまいます。



あとは特に栄養が大切です!!



これはいつもお伝えしているように、しっかりと食事をとることが大切です!



ダイエットのために夜はお米を食べないのではなかなか回復もしてくれないですよね😢



お酒や果糖をたくさん摂っている方も、そちらに栄養をとられてしまうために回復が少なくなってしまいます。


しっかりと食べて休む、単純ですがこれが1番早く治りますね😌



ジムなどでトレーニングした後に筋肉痛などが強く出てしまう方も、同じように回復が少ないです。



栄養と休養を見直してみてください😌



あとは体の使い方が悪くて、常に負担がかかり、炎症が引いてくれない場合もあります。



そのときは当院で正しい体の使い方をお伝えしますので、何かお困りの方は一度ご相談ください😌



お力になれると思います😌


あいゆう治療院HP

【神戸小学校上靴モニター結果報告】

2019年 07月 19日 17時59分
神戸小学校の生徒の姿勢をなんとかしてください!」との依頼から昨年12月(詳細はこちらをクリック)今年6月(詳細はこちらをクリック)と2回学校保健委員会で姿勢と足の指についてお話ししてきました。

学校からよく依頼があるのが「姿勢」なのですが、私はいつも足の指の重要性を話します。
何故ならば姿勢と足の指が関係してるのです。

神戸小学校で色々ヒアリングをしているとある問題点が浮上しました。

それは

上靴のかかとを踏んでいる子がたくさんいる😲
ある小学校では40人いるクラスで10人もかかとを踏んでるそうです。
でも子供達にも上靴のかかとを踏む理由があるはず!
それを知らずに「かかとを踏むな‼️」と言ってもやめません。

理由を調べると
・めんどくさい
・暑い
この2つが圧倒的に多かったです。
めんどくさいとは上靴をしっかり履くのがめんどくさいです。
学校でクロックス持っている子手を上げて!と聞くと90%くらいの子が手を上げます。
いつも簡単に脱ぎ履きできる靴を履いているから上靴をしっかり履くのがめんどくさい→そうだ‼️上靴もクロックスにしちゃえ‼️
こんな感じだと思います。

あと1つは暑い。
これは今めちゃくちゃ安くて素材の悪い上靴が売られています。素材が悪いので蒸れる→暑い💦

上靴のかかとを踏んでいれば重心は後ろになり骨盤が後傾し浮指になります。

骨盤が後傾すれば姿勢が悪くなりますので
浮指=姿勢が悪いとなります。
なので姿勢の話ばかりしていても足元がしっかりしていないと成果が出ません。

あいゆう治療院で子供達の浮指の施術していると
①姿勢を変えただけで浮指が改善する子
②靴を見直して足指トレーニングをして浮指が改善する子
③両方しっかりやらないと改善しない子
この3パターンある事がわかりました。

神戸小学校では姿勢を改善したいのはもちろん、上靴のかかとを踏む子も改善したい。
そうなるとまずは上靴でどれくらい変わるのか⁉️
あいゆう治療院では靴を変え指歩きと言う足指トレーニングをしてもらい姿勢を気をつければほぼ浮指は改善することはわかっていますが、全部やれば上靴の重要性が薄れます。
上靴だけでどれだけ変わるのかチャレンジ‼️
と言うことでPTA役員の子供達15名+教頭先生、養護教諭の先生に協力して頂きました!

先日1ヶ月後の再測定当日
「変わってるかなぁ」
「心配だなぁ」
なんて言う子供達がいる中、1人の女の子(Aちゃん)が
「私浮指すごく治ってる気がする‼️」
お!自分でもわかるくらい指がしっかりしてきた⁉️
Aちゃんの最初の測定からの変化を見てください!

凄い‼️
足指の握力も
右10.4kg→15.5kg 
左10.9kg→15.4kgへ激増‼️

その他1番心配したのが浮指でハイアーチで小指が内側に曲がる内反小趾のBくん。
1ヶ月後なんと足指が全部着いてます!
しかも足指の握力もアップ!
内反小趾の角度も
左足29.1度→22.7度
右足31.0度→27.5度
と改善しました。
※青く写ってるのは光が差し込んだ為です

結果は14人中9人浮指改善(1人欠席)
ただ、変わらない子と浮指が増えた子が5人いました。
浮指が増えた子達が何故増えたのかはこれから検証していきます。
私の経験上、姿勢を改善していけば浮指も改善すると思います。
神戸小学校の姿勢の合言葉が決まり二学期から導入されるそうです。
今回結果がイマイチだった子は合言葉で姿勢も頑張ってみてください!
結果が良かった子達は引き続き頑張って全部の指が着くように姿勢もチャレンジしてみてくださいね!
協力してくれたみんなありがとう😊

【1ヶ月マジックテープ式の上靴にしたみんなの感想】
「足指力が上がってる自信がありました」
「足の裏がピッタリフィットして歩きやすかった」
「かいだんがのぼりやすかった」
「親指が反り上がってるのが目でわかるくらい元の指にもどったので靴を変えるだけでこれほど変わるということがよくわかりました」
「前よりつまづいたり転んだりすることがなくなりました」
す、素晴らしい😭

あ、ちなみに養護教諭の先生と教頭先生の結果。
養護教諭の先生は前々から足指の話をしていたので6月17日の測定時は浮指はほとんどなし!素晴らしい✨

実は教頭先生先月はぶかぶかの靴を履いていました。足指の握力がかなり低かったのがショックだったらしく指歩き毎日やってくれて、更に靴もスニーカーに変えてくれました!今回バッチリ指が着いていて足指の握力もアップ!素晴らしい‼️引き続き頑張ってくださいね😉

今後も神戸小学校姿勢アドバイザーとして生徒達を見守っていきたいと思います!

あいゆう治療院HP

松葉杖で来院の捻挫。3日後に走ってる‼️動画

腰椎分離症からの生還(神戸小学校卒業生)動画

ダンス部のアキレス腱炎動画

1mmもジャンプできない小学生(ジャンパー膝)動画

ギックリ腰の早期復帰法動画





【FINS豊橋南部ミニバスケットボール】

2019年 07月 18日 00時25分

先日依頼があり豊橋の小学生が所属するミニバスケットボールチームで講演をしてきました。
10人以上のお母さん達も参加。
実は親御さんにも聞いてほしい内容なんです。

FINSは
・大事なところでケガが多い
・体幹が弱い
が現状だそうです。
これらを改善する基礎の基礎をお伝えしました。
ケガが多い選手はいくら上手くても試合に出れないので良い選手じゃないですよね。
100mわ5秒で走ることは不可能かもしれませんが
ケガを防ぐ事は可能です。


まず最初に選手達の足裏測定と足指の握力を計りました。

みんなびっくりするほど浮指です。
浮指が5本以上ある子は26人中なんと17人😱

豊橋ではナンバー1
東三河ではTop3くらいのFINS。
ここを改善したらもっと強くなるんじゃないですか⁉️

今回の内容は
・浮指とは?
・浮指の原因は?
・浮指になるとどうなる?
・浮指を戻すトレーニング
・おすすめ上靴
・捻挫グセの修正の仕方

浮指の改善方法として指歩きトレーニングをお伝えしましたが、1人の子の
足指が動かない😱

最終的には少しだけ動くようになったんですが久しぶりにこのレベルの足を見ました。
しかし!
コーチ曰く「この子がチーム1努力する子だから毎日練習すると思います!」と。
私もコツコツ努力タイプ。
こんな子には是非結果が出てほしい!
来月が楽しみです😊

次に捻挫グセの話。
「捻挫はクセになるんだよね〜」なんて話を聞きますよね?
実は捻挫グセは改善できるんです!
捻挫した事ある子は26人中8人ほど。
その中でも4回以上も捻挫歴のある、いわゆる【捻挫グセ】の子が2人もいました。

前に出てきてもらいバランスボードに乗ってもらうと2人とも捻挫グセのある足はうまく乗せません。
理由は捻挫で足裏のメカノレセプター (センサー)が壊れてしまってるからです。
この状態でバスケをやれば捻挫しますよね。
2人にはメカノレセプター の再教育法をお伝えしました。来月どうなってるのか楽しみです!

最後に先日行ってきたアメリカ州立大学の人体解剖実習で教えてもらった事を応用して石のマットの上を歩いてもらいました(Amazonで1500円😁)
コーチ動けず‼️
足指動かない子も歩けず‼️
しかしスイスイ歩く子もいる。
この差は?
これはまたしっかり研究しておきます。




来月また再測定がありますのでFINSのみんな頑張ってくださいね‼️
コーチもね😁

あいゆう治療院HP

【Jr.Athlete豊橋012】発刊

2019年 07月 13日 13時50分

昨日Jr.Athlete豊橋が発刊されました!


あいゆう治療院の内容は先日行われた羽根井小学校の学校保健委員会の様子が掲載されています。
羽根井小学校の講演の様子はこちらをクリック

羽根井小学校は怪我が非常に多いと言う事で怪我の予防の仕方についてお話しました。
そしてその後の生徒、先生、保護者のアンケートもいただきました。

内容を見てみると
生徒
「靴のかかとを踏まない」
「坐骨を意識しようと思った」
「クロールが速くなるように姿勢をよくする」
当日質問があったので実演しましたが、実は水泳と姿勢がかなり関係してるんです!Nice 感想!

保護者
「上靴の選び方や姿勢の話は知らないことばかりで勉強になりました」
「実演もわかりやすく楽しく聞けました」
「上靴を買い替えようと思います」

先生
「サンダルからスニーカーに変えました」
「すぐに実行できる具体的なことを、なぜ必要があるのかも交えてわかりやすく説明していただき、説得力がありました」
「上靴をマジックテープタイプに変えた子がいました」

素晴らしい!
私が毎回講演の最後にお伝えするのは
「すぐ行動」です。
どんなエラい人のすごい話を聞いてもだいたい3日で忘れます。
良いな‼️と思ったらすぐ行動。
これが変わる秘訣です。
良いと思ってくれてマジックテープ式の上靴に変えてくれた子が1人でもいたら講演やって成功です😊

毎回講演で心がけているのが
【とにかくシンプルにわかりやすく】です。
院の施術時にはもっと細かく極端にお伝えしています。しかし学校の講演はそういうわけにはいきません。とにかくシンプルに。
アンケートの中でも「分かりやすかった」「すぐ実行できる内容だった」と言葉をいただきました。

生徒の理解度もよくわかった、だいたいわかったが94.5%‼️

あとは行動するのみ!

後日の保健だよりにはお伝えしたゆび歩きも掲載されてていてしっかりまとめあげてくれてます😊

養護教諭の先生ありがとうございます!完璧です。

保健だよりの1番最後には上靴、体育館シューズはしっかり子供の足に合った靴をご使用くださいと書かれていました‼️
学校も少しずつ変わってきました!

子供が1日で1番長く履くはきものは上靴。
上靴を見直すことで姿勢が変わり怪我のしにくい体になります。
羽根井小学校のみんな頑張ってください👍
編集後記に編集長がケガについて書かれています。
頑張ってきたJr.Athleteが最後にケガで試合に出れない…こんな事はよくある事です。
1人でもこのようなJr.Athleteが減るようにあいゆう治療院も全力で応援していきます!

あと、今回のJr.Athleteの1ページ目には
全日本新空手道選手権大会で4連覇中の大槻銀次くんが載っています。

Jr.Athlete011の1ページ目でも紹介されたボクシング日本一の柿崎世央くん。
柿崎世央くんの記事はこちらをクリック
同じ豊橋市南陽中学校の1年生。


日本一が2人もいる中学校って凄いですね😍
将来が楽しみです♪

あいゆう治療院HP

神戸小学校での足裏測定

2019年 06月 21日 00時34分
先週の講演が終わり1週間。
再び神戸小学校に来ました。

講演の様子はこちらをクリック

何故かと言うと

15人の子供たちの足裏測定。

最近の子供たちは浮き指が多い。

浮き指になれば重心は後ろになり骨盤が後傾
猫背を誘発する。ケガの元になります。

ではどうしたら改善するのか⁉️
足にフィットした靴を履くことをオススメします。


フィットするにはしっかりとマジックテープか紐でしまる上靴が必須。
ただ、昔からの上靴は?

こんな感じ。
しかも最近激安な上靴が登場。
値段は数百円😱

実際買ってみて触ってみると…
生地に通気性がなくソールが硬い。硬いので歩きにくいし蒸れる。


しっかりとした上靴を履いて1か月すごしたらどれ程の変化があるのか⁉️

あいゆう治療院の患者さんではばっちり変化するが
どこも怪我をしてない子達が上靴を変えただけで変化するのか⁉️
15人分の上靴を寄付して協力してもらっています。

1ヶ月後の測定が楽しみです。

↑浮き指MAX!