ブログ

【謎のオスグッド】

3か月前から両足の膝が痛くなった
バスケ少女Aさん
 
「オスグッドね〜大丈夫だよ」
といつもの通り施術しました。
 
「よし、しゃがんでみよう」
 
「痛いです」
 
おっと、でも大丈夫大丈夫。
たまにいますよこんなオスグッド。
二の矢三の矢ありますよ〜
 
「痛いです」
 
とりあえず通常のセルフケアをお伝えして終了。
 
2回目来週時
「痛いです」
 
3回目、4回目・・・
「痛いです」
 
このパターンは初めてです😭
まったく変化なし。
 
Aさんのオスグッドはちょっと変わっていました。
通常
・練習中や後に痛い
・しゃがむ途中が痛い
ことが多いのですが
Aさんの膝はカツンっとロックがかかってしまいます。
 
体が拒否をしているようなイメージ。
なので方向を変えて再度問診。
 
・胃が毎日痛い
・頭痛もする(お母さん知らず)
・有痛性外脛骨
 
こんなキーワードが出ました。
しかも2年も前から。
 
そこで仮説を立てました💡
 
「ストレスを受けた体はこれ以上体を動かされると大変なので、体にブレーキをかけ自分を守ります。
まずは胃痛と頭痛と言うブレーキを出し、次に有痛性外脛骨の痛みを出しました。
それでもAさんが体を動かすので膝(オスグッド)の痛みを出した」
 
 
こう考えると膝の痛みを追いかけてもどうもなりません。
 
まずはストレスがかかっても負けない体にする
ストレスはかなりのエネルギーを消費します。
ご飯の量が重要になりますが、胃に痛みがあればご飯量も増えません。
 
まずチョイスしたのが
【胃へのルート治療】
3回のルート治療後からは、毎日あった胃痛が週2回に減り、ご飯がしっかり食べれるようになり頭痛がなくなりました。
そして時折笑顔が出てきました。
 
オスグッドの痛みも少なくなってきましたが、ロックがかかり曲がる角度はまったく変化なし。
 
これに対しては
【膝を曲げる意識ではなくお尻とかかとを近づける】
 
この練習をしてもらいました。
 
徐々に曲がるようになり計20回の治療で胃痛、頭痛、オスグッドが完治‼️






いや〜長かった。
 
今までのオスグッドテクニックが一切通用しないオスグッド。
 
勉強になりました‼️
 
治療回数20回(うちルート治療6回)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA