ブログ

「力抜け‼️」「入れてないし‼️」

中1野球少年の肩の痛み
 
中学生になり硬式野球チームに入ったAくん
 
最初の数回の練習で肩が痛くなった来院。
 
シャドーピッチングでも痛いくらいでしたがその場で痛みはサクッと取り除きました。
 
あとは再発しないように原因究明
原因は投げる時に力を入れすぎと判断。
・ボールが軟式から硬式に変わった
・新しい環境で張り切って力が入った
などなど
 
1番驚いたのはAくんの体。
肩から指先までパンパンになっていました。
中学生が練習でここまでパンパンになることはないので生まれつき(親からもらったコリだろう)だねとお話ししました。
 
こんなコリにはルート治療が有効です。
 
親指を回してもらうとぎこちない。
ルート治療3日後の親指の動きとは雲泥の差です。
 
お父さん「いつも力を抜けって言うんだけどね…」
Aくん「入れてないし」
 
そりゃそうです。
生まれつきパンパンな体なので力を入れてるつもりはありませんし、力を入れないと何事もできないんです。
そんな人は筆圧も強い。
 
お父さん「俺のせいだったのか…」
 
肩から背中まで鍼した方がいいよと言いましたが
Aくん手だけでギブアップ。
汗びっしょりになりよく頑張りました‼️
 
その後、順調に復帰したのに3週間後また連絡が…
 
続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA