ブログ

バッシュが原因の足の痛み

以前紹介した5年間オスグッドで苦しんだAくん
 
 
オスグッドが治ったと思ったら足の親指が痛いと言うことで施術しました。
 
足の甲側の痛みは足指が使えてないことで起こります。
 
しかしこの親指の痛みがかなり厄介でした😱
 
病院でもお手上げ状態。
あいゆう治療院のスポーツ外傷テクニックでもお手上げ🤷‍♂️
 
でもヒントがいくつか出てきました。
 
・治療後は少し良いけど練習したら痛みがすぐに戻る
・内側にひねると痛い
・インソールが右側だけいつもねじれる。
 
触ると痛いので炎症がありそこに負荷がかかっている証拠。
 
いくら患部の痛みを取っても原因を除去できなければ再発します。
 
バッシュを持ってきてもらうと…
 
これはヤバいですね!
 
・靴の大事な部分が曲がらない
・インソールを取り出すとねじれている(バッシュの中もねじれてました)
・1年以上履いてる
・サイズが合っていない
 
このバッシュを選んだ理由をAくんに聞くと
「デザイン」だそうです。
しかも、ジャストサイズがなかったので1サイズ大きいサイズを購入。
痛くなる要素満載ですね😅
 
ただ、最後の大会まであと2ヶ月。
新しいバッシュを購入するのももったいない。
 
という事で、インソールに細工をしました。
よくあるインソールはアーチを持ち上げますよね?
では何故アーチが落ちるのでしょうか。
そこを改善しなければ永遠にアーチは落ち続けています。
 
足指が使えるようになればアーチも正常になります。
 
インソールに細工を施したバッシュを履くと
 
「痛くない‼️」
 
1週間後に状態を聞くとほとんど痛くなくなったそうです。
負荷がかからなければ炎症はおさまります。
 
4月の最後の大会も痛みなく全力プレーができたそうです。
良かった良かった😊
まさかバッシュが原因だとは…
バッシュはまったくわからないので、患者さんでもある元三遠ネオフェニックスヘッドコーチ🏀の河内修斗さんにバッシュの選び方について聞いてみました。
さすがプロ目線‼️
めちゃくちゃ参考になるお話を聞きました。
そんなバッシュの選び方はまた改めて投稿します。
 
Aくん卒業だねと思ったら
「腕立て伏せすると腕が痺れて10回もできません」
どんどん悪いところが出てくるねAくん😭
 
そこはTo be continued…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA