ブログ

【栄養改善だけでは取れない子供の頭痛】

小6のAくんの症例です。
 
 
ジャンパー膝で来院。
3回で、膝のの痛みは取れたのですが、よく見ると目がかなり充血してます。
 
話を聞くと
・ぶた草アレルギーで目が痒くなる
・5年生からの頭痛(週5.6回)
 
野依小学校でもお伝えした「食事の大切さ」
もちろんあいゆう治療院に来る子供達にも伝えています。
主訴以外で頭痛やめまいがあっても、食事内容を改善していくと知らないうちに治ってしまうことがよくあります。
 
しかしAくんの頭痛は治りませんでした。
 
ここで、ルート鍼治療を提案しました。
まずは1番細い鍼から
・オデコ
・目の周り
・コメカミ
・頭
・首


 
毎回Aくんの様子を見ながら上記の2.3ヶ所をチョイスして鍼を刺していきました。
 
ルート鍼治療をして2回目には頭痛が週に2.3回に減りました。
子供の回復は早いですね😊
 
慣れてきたので鍼の太さを徐々に太く。
6回目の治療時にはほとんど頭痛もなくなりました。
 
目の赤さが少し残りますが、赤さもだいぶ引き(写真だと伝わりにくいのが残念)体調も楽になったので計8回のルート鍼治療で一旦卒業です。
今後はどれくらいでまた症状が出てくるのか、今後も治療が必要な体なのか。
経過観察です。

Aくんのお母さん談
「あいゆう治療院に行く前は、酷い時は毎日頭痛があり、気分が乗らないこともありましたが、針治療をしたり自宅でマッサージをすることによって、頭痛が日に日に減っていき、朝も頭痛に苦しむことがなくなって、なんとなく朝から機嫌が良くなったなと感じてます」
 
食事内容を変えても改善しない子供の頭痛やめまいには治療が必要になります。
 
こんな症状はルート鍼治療の得意分野ですね😊
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA